はやりのやつてんこもり 1-1

セロの突きが戦車くんにクリティカルヒットする。

戦車くんは死んだ。

「やばいね」

セロは独り言のように呟くと、自分の右手に握られている剣に目を向ける。

ーーーーーーーーーー
セロ
▼レベル 10
▼所持武器
・鉄の剣 1
ーーーーーーーーーー

1というのは使用回数である。
つまり――。

「大丈夫ですよ。私が魔法でなんとかしますから」

同行人のフィアがそういった。白いローブに身を包んでいる彼女は、長い金髪をふたつのおさげに結っていた。フィアは少々息苦しそうだ。

彼らがいまいるところは、ガルドの洞窟と呼ばれる場所だ。

人があまり立ち入らないそのダンジョンには、『天使の布』と呼ばれるアイテムが眠っている。彼らの目的はそれだった。カビ臭さが充満している。そして今、彼らは地下三階にいた。

「ありがとう。でも根本的な解決にはならないから、やっぱりなんとかしないとね。宝箱でもあればいいんだけど、戻るにしても微妙な距離だしね」

笑みを浮かべながらフィアにそう返す。

「そう都合よく――あっ!」

フィアの視線の先。そこには目立たないよう、端っこに置かれている宝箱があった。一体誰が置いたのだろうか。

「ラッキー! あけるよ?」

急ぎ足でその場所に向かうセロ。後ろを振り向いてフィアに確認すると、彼女もまた力強く頷いてセロの側に陣取る。

セロは宝箱を開けた――。

すると箱の中から飛び出したのは、小さな妖精だった。
妖精は長い黒髪を振り乱しながらこう言った。

「えすえすあーるでーす」

「よっし!」
「やったっ!」

セロとフィアは同時にガッツポーズをとる。

妙なエフェクトの後、出現したのは――。

「え?」

セロとフィアは同時に声をあげた。
彼らの目の前に現れたのは、また別の妖精。今度は赤毛のショート髪だ。

「ピクシーだね」
「ですね」

それはピクシーと呼ばれるモンスターの一種だった。

「ちょっとちょっと、なんでそんな不満そうなのよ」
ピクシーは声を荒げながら、右へ左へ飛び回っている。

「だって、いまじゃないよ。いまはどう考えても武器だよ」
セロは妖精に向かってため息をつきながらそういった。

「いくらSSRでもね」

「こう見えてもあたし攻撃できるんだよっ?!」

「マジックアローだよね。あれダメージ一桁しか出ないよね」
ピクシーは、うぐっと呻いた。

「ピクシーはどちらかというと、回復と補助ですから」
フィアはその後小さく「役割が被ってるんです」と呟いた。

「あれ、あたし、呼ばれてない?」
シュンとした面持ちで、ピクシーは所在無げだ。

何も答えないセロとフィア。その様子を見たピクシーは、
「いーもん、いーもん!」
と、ダンジョンの奥の方に飛んで消えていってしまった。

「行ってしまいましたね。えすえすあーる」
「アイテム扱いじゃないのか」

取得したアイテムが自力で逃げていくなんて話を、セロはきいたことがなかった。
ガッカリしたふたりは、ダンジョンのさらに奥へと目指して歩いて行く。

セロの革靴が、地面の小さな石を蹴り飛ばす。地下三階となると、旅慣れた人間でも易々とはたどり着けない位置だ。せいぜい勇者ご一行や、金に物を言わせた課金戦士ぐらいだろう。

何せガルドに潜ってからもう一週間が経っていた。

水も食料も心許ない。たまにある地底湖で『一緒に』水浴びをしているお陰で、不快指数はそれほどでもない。それでもダンジョンに長く潜っているとストレスが溜まるもので、セロとフィアの間でも、口数が減ってきていた。

「セロ、モンスターですよ」
小声でフィアがそう伝えると、セロは小さく頷いて見せた。

彼らの目の前にはサラマンダーと呼ばれる火トカゲがいた。レベルは大体8ぐらいのモンスターだ。ちょうど消耗するぐらいの嫌な相手だ。

できればエンカウントしたくない。セロはそう考えて、人差し指を立てて口元に当てる。フィアも察したのか、物音を立てずに息を潜めた。

そのときである。

「サラマンダーさーん! ここに人間がいますよー!」

そんな声が響いた。
目をこらしてよく見てみると、先ほどのピクシーが飛び回っている。声の発信源は彼女だった。

ご丁寧にセロたちの側に飛んできたピクシー。サラマンダーが気づき、咆哮をあげてセロたちに突進してきた。

「あのピクシーなんなんだ!」

当のピクシーは既にどこかへ飛んで行ってしまった。
ピクシーのことに腹を立てていたが、そんなことをしている場合でもない。

セロは剣を構える。フィアも杖を構えて魔法の詠唱準備を始めた。
「セロは撹乱してください。私がアイスニードルで倒します」
「わかった!」

言われた通り、セロは相手の注意を引きつける。手に持っている剣は、あと一回攻撃すれば壊れてしまう。なるべく温存しなければならない。

「武器は使えない――ならば!」

セロが革靴でサラマンダーを蹴り上げる。するとサラマンダーが怯んだ。しかし焦げた臭いが辺りに充満し、セロの革靴はつま先が黒く炭化していた。

「肉弾戦は無理か」

剣を鉄の鞘に納刀したセロは、鞘とベルトを繋いでいる留め具を外す。鞘に収めたままの剣をふるって、相手の気を引く作戦にでた。

大きく剣を振るったとき。

鞘は彼方へ飛んでいってしまった。中から現れたのは、使用回数1の刀身。それが見事にサラマンダーにヒットする。

鉄の剣は壊れた。

グォォォォォっ!

咆哮が響く。しかしサラマンダーはまだ絶命していなかった。

はやりのやつてんこもり 1-2

執筆を応援していただける方を募っています。

BTC

金額は0.001BTCから、ご自由に金額を設定いただけます

Personal Info

Donation Total: BTC 0.0010

スマホからのご寄付が上手くいかない場合」について追記致しました。詳細はコチラをご確認下さい

スポンサーリンク
レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大)