Amazon limited

サガスカ緋色の野望&リ・ユニバース Part01

前々から欲しいとは思ってたんですよね。サガスカ。

だけどVITA版はロード時間がーってなってて買い控えていました。
すると緋色の野望という実質完全版が発売されたので買おうと思ったわけです。

ただ、プラットフォームがPS4 ニンテンドースイッチ Windows そしてiOSとandroidでした。
前者2台はまだ持ってないんですよね。PCはスペックに耐えられるか微妙の古PCです。

ゲーム内容を調べていくと、スマホ用に十分最適化されているようでした。
さらに前述のロード地獄もないそうなので、別に大画面でなくてもよそうだねって感じで。
iOS版に絞りました。

すると今度はセールが来ない。スマホアプリで4800円はちょっと悩んじゃう。辞典以来です。
App Storeレビューの評価や評価件数は結構良い。いやむしろ件数から考えるとかなり良い。
でも一件一件見てみると、チラホラと星1~2つもある。

それってつまり、合う人には合うけど、合わない人にはまったく合わない。なんでしょうね。
それが余計に迷わせます。価格と合わせて悩ませます。

でもま、いっか。

というわけで、同じような悩みをお持ちの方向けに、実際のゲームの仕様や体感、感想などをネタバレなしでお送りしようという記事です。

そういえば「ロマンシングサガ リ・ユニバース」も12月6日に決まりましたので、そちらの情報とも比べて、連載記事にしていきたいと思います。

サガ スカーレット グレイス 緋色の野望ってどんなゲーム?

(以後サガスカ緋色と呼びます)サガシリーズって、そもそも大衆向けじゃないんですよね。それまでの「RPGのお決まり」を撤廃して斬新なシステムで責めていくタイトルだった気がします。

そして今回もダンジョンマップなし、街マップなし、メインコンテンツは戦闘、一定のポイントを除けば戦闘できる場所は限られている、ボスはかなり強め、雑魚もかなり強め……etc、ライトユーザーが触ろうものなら、余裕で火傷してしまう白モンです。

個人的には昨今のRPGのマップは街やフィールドがやたら広すぎたり、「解いてもらうためのギミック」を謎の人物が設置したダンジョンとか、そのくせ、戦闘は超キツイか超ヌルイの二択でバランスもボロボロ。寝ながら書いたとしか思えないテキスト・台詞周り、テストプレイはほとんどやってないシステム周りなどなど、挙げ始めればキリがないほど欠点を抱えたゲームが増えてきています。

実際に最後にクリアしたRPGなんだっけ、ってぐらいの勢いで途中で辞めちゃってます。無理やりクリアしたのも何作かあります。最後までモチベーションがつづいたってなると……ドラゴンズドグマ(無印)かなぁ。スカイリムはMOD盛り盛りで、途中で脱線しまくりなのでクリアしてなかったり。

というわけで、ヘビーゲーマーではないけど、ライトゲーマーでもない。中途半端な私が、プレイした感想を述べていっちゃいます。

サガスカ緋色ここが面白い

戦闘に特化して、それ以外のイベントとシステムは戦闘を補助するために薄くなりました。このためゲーム内容がスッキリしましたし、中途半端に難解なシステムを覚える必要もなくなりました。操作も使いたい技をタップして、敵をタップ。これだけ聞くとソシャゲじゃん?って思うでしょう。でもガチャがないというのは、ここまで快適なのかと驚くことでしょう。

ボスはかなり強めなんですが、サブイベントでレベル上げもできますし、従来のシステムとは違い、同じシーンでレベル上げをしていると、だんだんと相手のレベルの上昇が緩やかになるそうです。元々ロマサガ以降は幾つかの技さえ閃けば、それを中心に戦闘がスムーズになるところがあったので、そういったプレイも十分に可能です。

まあ、それを差し引いてもボスは強敵ですけど。

ごり押しではほぼ間違いなく勝てないと思います。前半のボスでそうなんだから、後半のボスもそうなんじゃないかなと予想してます。なぎ払いに代表されるスタン系、麻痺や毒のデバフ、カウンターやパリィ、遠隔による準備止めなど、これらのシステムをコツコツ重ねていけば、いつかは勝てるというバランスでもあります。

HPや武器や技などそもそもの地力は、ある程度高い数値が必要ではありますが、その時点での最強の装備や技を並べても、上記のポイントをスルーすると勝てない気がします。そんな難易度です。

なんかに似てるなって思いました。
要するに死にゲーなんです。死んで覚えるタイプなんです。
一定回数ですが、リトライ箇所は戦闘直前ですし、死んでリベンジすることが前提に作られています。
そう。あれです。PS3で一世を風靡した、デモンズソウルとかダークソウルです。
もっと言えば、FCやSFC時代の死んで覚えるアクションゲーム、マリオとかロックマンとかです。
いやアトランチスの謎とかスペランカーとか、そのレベルかもしれません。
アレらをキツくした流れですね、もう絶対に。

ああいうのが好きな人はやってみる価値あると思います。
ちなみに私はあの系統がちょっと苦手です。
何度も同じことをやり直すってのに、ちょっとストレスが……。
そんな私でも、リトライ回数がある程度定まっているので、サガスカ緋色は楽しめています。

ここがイイネ!

挑戦しがいのある骨太の難易度、技をひとつ覚えると戦略が無数に広がる、陣形やロールという要素がさらに戦術が変えてくれる。戦闘前に敵によってこれらをカスタマイズして、最適解を探すというところですかね。

最近はだだっ広い街に無意味な台詞を話すNPCをたくさん置いたり、主人公を強くするための迷路やギミックを備えたダンジョンも、正直めんどくなってきたかも。アクションRPGならまだ許せるんですけどね。普通のRPGだとこの辺が原因で眠たくなっちゃうんです。

UIもスマホ用に最適化されているので、説明書を読まずとも、いろいろといじくってたら操作できるようになります。そもそも覚える操作少ないし。仲間も旧作と比較してもかなり多いみたいだし、シナリオも追加されているようです。戦闘に入る際の読み込みもまったく感じないし、雑談はほとんどないけど実は物語根幹のストーリーや台詞周りはしっかりしてるし……いいんじゃないかな。

こういう人はやめときなさい

キャラ絵は萌え萌えできません。
というか初期メンバーは選んだキャラにもよりますが、おっさん率が高いです。
女の子もいますが、「かわいい」とかいうのとはちょっと違う。面白いキャラですけどね。
人形劇を見ているような感じでしょうか。

またソシャゲのように画面をタップしていけば戦闘が終わるゲームでもありません。タップする場所を変えればOKとかそういう次元じゃないです。一回の戦闘で(雑魚含む)めちゃめちゃ行動を吟味することになります。

さらには間違った行動を選択してしまったとき、何をどう間違ったのかを把握する洞察力も必要です。
そしてその組み合わせで勝率があがっていきます。誤った選択肢を漠然としか考えられず、次に活かせない人は、間違いなく「なんだこのクソゲー」になります。そういう意味ではシミュレーション要素が強いかもしれませんね。

過去のサガシリーズを追いかけてきた(思い入れがある)人も、ちょっと警戒が必要かも。旧作は技なり武器なりがある程度揃ってくると、パワープレイができた(ラスボスを含む)ので、本作はちょっと面食らうかもしれませんよ。とにかく雑魚からして強いゲームなので、まずはコツを掴むまでは何回も死ぬつもりでやってみるのがよろしいかと。

さいごに

私はコレ面白いと思います。引き継ぎもあるし、ちょっと空いた時間に戦闘やってりして育てたり進めたりできるし、本当にスマホRPGとして完成されているんじゃないかと思います。

ソシャゲの謳い文句「本格スマホRPG」は返上した方がいいかもしれませんね。サガスカ緋色と比較するとデキの差に作り手が恥ずかしくなってくるんじゃないですか?

スクエニやればできるんだから、ちゃんとやってください。
スクエニっていうか、元エニックスチームは結構頑張ってるんだけどなぁ。

ロマンシングサガ リ・ユニバースもプレイする予定ですが、ガチャなのがね。ガチャがあるってだけでバランスとか仕様とかストーリーとか、ある程度見えて来るモノがあるんですわ。

ガチャがあることで、登場人物が定まらない場合(キャラ排出系)は、どんなキャラがいても進めなくちゃいけないので、ストーリーがあってないような雑談めいたモノになってしまいます。

ガチャがあることで、武器を始めとしたプレイヤーの戦力に差が出る場合。基本的にヌルゲー後に鬼畜エンドコンテンツ、周回イベント、新キャラ追加と称した星6、星7、星8実装……終わらない天井。

そもそもね、ロイヤルストレートフラッシュが一番強いってルールでみんなこの役のカードを集めてるのに、途中でスーパーロイヤルストレートフラッシュを実装しました。って言っているようなもんでしょ。
ルール破っちゃいかんですよ。しかもロイヤルストレートフラッシュで揃えたカードは全く無効になるぐらいの格差なわけで。これを喜んでいる人がちょっと信じられない。

そりゃあ、みんなロイヤルストレートフラッシュが揃い始めて来たらマンネリ化しちゃいますけど、それまでのキャラがゴミになるのはいかがなもんかと。

リ・ユニバースはそんなことなかったらいいんだけどなぁ。

執筆を応援していただける方を募っています。

BTC

金額は0.001BTCから、ご自由に金額を設定いただけます

Personal Info

Donation Total: BTC 0.0010

スマホからのご寄付が上手くいかない場合」について追記致しました。詳細はコチラをご確認下さい

スポンサーリンク
レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大)