Amazon limited

[雑記帳]iPhone8Plusの所感 パート2

パート1へ

早い話、iPhoneに新しい機能を追加しようとした結果、既存の機能に悪影響を及ぼしてしまった可能性があるというお話です。

その代表格が今回のバッテリー問題じゃないかなと思います。つまり機能が増えたiOSをインストールしたがために、過去のiPhoneがこれまでよりバッテリー保ちが悪くなったかもしれないということですね。

これをエンバグとして扱うかは「スマホプログラム開発者」にきかないとわかりませんが、広義にはバグに部類すると思います。まあ、担当者や管理責任者が「仕様です」と言ってしまえばそれまでなんですけど。

さらに余談ですが、バッテリー系に絡むプログラマーは本当に地獄だと思います。だって「バッテリー消耗ゼロ」がない以上、終わりがないんですから。コストが許す限りゼロに近づける毎日なんでしょう。ゾッとしますね。

iOSアップデートプログラムを作ってる人もそんな感じだと思うので、「ちょっ、バッテリー消耗早くなったし!(おそらくエンバグです) 開発仕事しろ」という心ない言葉を浴びせるのはやめてあげてください。現状で満足してる人なんて開発も含めて誰もいないんですから。

また話がそれました……。
つまり、今回の話題はiPhone8及び8Plusは購入時にiOS1.1がインストールされているので、「最初からバッテリー保ち悪いん?」という不安を抱いた方がいたのかもしれません。それがSNSなどで拡大して~と、この辺はいつもどおりですね。

結論から言うと、iPhone8Plusのバッテリー保ちはかなり良いと思います。旧機種がiPhone5sだったので6~7世代とは比較できませんが、これで「悪い」と思うのはちょっと贅沢じゃないかね。ハードに使ってるならその分消耗が早くて当然でしょ、というのが所感です。

Q.iPhone8Plusのディスプレイは狭い?

これはiPhoneⅩと比較して言ってるんだと思いますが、上下の黒ベゼルの分を指してるのでしょう。まだ発売してみないとわかりませんが、iPhoneⅩの全面ディスプレイが、8Plusに慣れていく度に微妙に思えるところも出てきました。

というのも、縦持ちの場合、親指は必然的にサイド部に置くことになっちゃいます。ですが、このサイズとなると、旧ホームボタン付近に親指を置いて支えるようにして使ってた人は安定感がなくなってしまうかもしれませんね。

そして問題は横持ちのときです。このサイズで横持ちの場合、指と画面が干渉しやすくなってしまいます。これにより、普通に握っているだけなのにタッチが認識されてしまう可能性が出てきてしまうわけです。

さすがにApple社もその辺りは想定した仕様にしてくるだろうとは思っていますが、現状触れるiPhone8Plus&iOS1.1では、考慮されているようには感じられません。ノートパソコンのタッチパッドみたいなものですが、前面がすべて入力を受けつける場所になってしまうことで、どういった弊害が出てくるのか、ちょっと気になりますね。

私はこの問題を、上下の黒ベゼル部へ指を待避させることで解決しました。しかしiPhoneⅩはこれができなくなるんだなぁ、と思ったことをお伝えしておきます。iPhoneⅩ購入予定の人で対象のアプリを使ってる人は、今からディスプレイに干渉しない持ち方を考えておきましょう。

Q.iPhoneXの憧れるところ

個人的にホームボタン削除は、8Plusを使い込むほどに正解だった気がしてきました。このサイズでも、ちょっとWEBを見たいときや本を見たいときは片手で使います。

ですが、ホームボタンを押すためには持ち方を変えるか、もう片方の指を使うかしないと安定感は確保できません。ホームボタンが押せるポジションで持つと、画面フリックがしにくくなったりと、結構大きな弊害があるんですよね。

まあ、最初から両手で使う人は関係ないんですけど、個人的には「画面下部に指を移動しなくていい」というのは、想像以上に利点を得られるかもしれないなと思っています。気になる人は店頭で8Plusを片手で使ってみてください。画面フリックのポジションだと想像以上にホームボタンが使いにくくなると思います。

7Plusを使用してる人はそんなの関係ねぇでしょうし、常に最新スペックを追い求めたい人だと思いますので、こんなとこ見てないことを前提にして話してます。

□最後に

昔と比べてネットで情報がいくらでも入ってくるようになりました。それだけにフェイクニュースと呼ばれるモノも多かったり、切り取り記事と呼ばれる偏った見方、勘違いを誘導する記事が増えてきました。

ネット自体に規制を持ち込むと、使いにくくなったりしますので賛成できません。となると閲覧者がいかに惑わされないかが重要になってきます。

本サイトはパクり0%の純度100オリジナルです。ていうかパクるために調べて記事にするのって、時間も掛かるしめんどくない? って感じなので。まあ本当にわからないことは、わからないまま書かずに、ちゃんと調べたりしますけどね。

それだけに情報量が他と比べて少ないかも知れませんが、実際自分が使ったり、思ったりしたことを述べているので、「1個人」としての一貫性みたいなものは守られてると思います。

なので、ちょっとでも考えに共感できた人は、また見に来てくれればいいなと思っています。

執筆を応援していただける方を募っています。

BTC

金額は0.001BTCから、ご自由に金額を設定いただけます

Personal Info

Donation Total: BTC 0.0010

スマホからのご寄付が上手くいかない場合」について追記致しました。詳細はコチラをご確認下さい

スポンサーリンク
レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大)