Amazon limited

[レビュー]シソンヌ

面白い若手芸人を挙げろと言われたとき、シソンヌは外せないのではないでしょうか。ツッコミ担当の長谷川さんと、ボケ担当のじろうさんで構成されるシソンヌは、2014年キングオブコントを優勝した経験がある、実力派のコント職人です。

「好きになっちゃう」のフレーズが特に有名で、じろうさんの奇抜ながらも高い演技力は見る人を惹きつけるものがあります。また、ツッコミの長谷川さんも、じろうさんの持ち味をよく引き出している理想的なコンビだと思います。

彼らもあまりテレビ露出が多くないかなと思いきや、じろうさんはドラマによく出演していたりします。やはり演技力が評価されてのことでしょうか。

シソンヌとしての活動は主にトークライブや単独ライブによるものが多く、バラエティ番組では残念ながらまだあまり見かけません。

面白いコントや漫才をするコンビが、必ずしもテレビ番組に出演できるわけではないというのは、なんとも悲しいことです。しかし、現在ではテレビに頼らずとも名前を売り出す手段が増加しましたので、彼らのような実力派コンビは今後目にする機会はどんどん増えてくるのではないかと思います。

テレビ番組に起用されないと考えられる理由は2つあります。その内の1つが、コントやじろうさんの演じる役に「多少のブラックユーモア」が含まれていることかもしれません。

アレルギーを扱った「海鮮鍋」のようなコントや、精神病を扱った「教師」や蛇を殺しまくるコントは、過剰に反応するユーザーのお陰で、テレビでは手軽に扱えなくなっているのかもしれません。

それに加えて、キングオブコントに優勝した同時期に大ブレイクした芸人がいました。
今ではすっかり見かけなくなった「ラッスンゴレライ」でお馴染みの「8.6秒バズーカー」です。

直接的に関係がないように思えますが、彼らが大ブレイクすることで、コントや漫才よりもリズムネタが風靡される世の中になっていたのは間違いないと思います。同時期にブレイクして一気に消えた芸人にクマムシなどもいましたね。

タイミングが悪かったこともありますが、実力やセンスはしっかりあると思うので、これからまた注目されるときがくるのではないかと思います。

ちなみに、じろうさんは何気に歌が上手かったりします。

執筆を応援していただける方を募っています。

BTC

金額は0.001BTCから、ご自由に金額を設定いただけます

Personal Info

Donation Total: BTC 0.0010

スマホからのご寄付が上手くいかない場合」について追記致しました。詳細はコチラをご確認下さい

スポンサーリンク
レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大)