Amazon limited

【ゲーム】続・DDONシーズン3.2直前プチ復帰報告

前回の記事、具体性が何もない割に見てもらえてるようで……なんだか申し訳ないので、今回はもうちょっと詳しく良くなったところや現状をお伝えします。

私自身、基本的にソロプレイヤーなので、GMは必要に応じてで、ワールドクエスト(WQ)のマルチプレイはやらないのが標準です。そっち系の視点による記事になるので、マルチ環境がイヤでやめちゃった人は注意してくださいね。

その1 ポーンのAIが賢くなったよ!

もうホント、以前と比べると歴然の差です。ソロプレイしていても「コイツ、やるな」って感じのファインプレーが増えてて、戦闘が楽しくなりました。たしかにカンペキではないところもあるんですが、大きな不満はポーンの戦術育成で変更できるので、奴隷のように言うことを利かせたい人から、放任主義で細かい動きは委任したい人まで、幅広いニーズに応えられる仕様になったんじゃないかなと思います。

個人的な不満は、セージポーンの開幕アトラクトがちょい遅いときがある、ってことでしょうか。その間、当然覚者が狙われるので、支援職のときは回避に専念することもしばしば。あと、タゲとった後に近寄ってくる挙動をとるときもありますね。スピランは対応できますが、プリ、ソサ、エレアチャ辺りがメインの人は注意しましょう。

でもま、ポーンの天敵である射程と範囲が極端に広いハーピー系と竜族には、なかなかイイ動きをするようになりましたよ。近接職だとまだ若干回避優先でモタモタしてるところもありますが、カスタムスキル連打モードに入れば火力も出してくれます。

その2 装備が作りやすくなったよ!

これも大きいですよね。魔赤島のときは、4人分の62装備の地域素材を集めてる間に65になったりしてましたから……ホントつらかった。素材のドロップ率自体もあがりましたし、要求数も下がりました。あと以前よりはクラフト時間も短くなったかな。何よりもクラフト以外でも入手できる(メダルと交換)システムも導入されたので、全部が全部作らなくても大丈夫です。

これとは別に、全体的なプレイヤーがシーズン3以降のエリアに集中しているせいか、旧エリアの素材が高騰してます。なので現状に限れば金策もしやすいですね。

>4月3日追記
PTを組んでWQをクリアすると報酬が5倍になるキャンペーン中でした。たぶん納品関係で高騰してるんだと思います。マルチオンリーなのでソロプレイヤーには縁のないキャンペーンのため、あまり気にしてませんでした。それにしては一部腑に落ちないアイテムも高騰してるんですけどね

その3 戦闘が楽しくなったよ!

思えば、シーズン呪い(1.2のことです)のシャドー系がピークに酷かったなぁ。その後の浸食もお邪魔植物や、ダウン時にたくさん湧き出る小型飛行とか、嫌がらせが目立つ仕様でした。それまでのスタミナゆさぶりゲーも、アクションゲームとは思えないほど単調になりがちで、この辺で離脱した人も多いでしょう。

シーズン2に入って、浸食系の名残は残りつつも、凶侵としてモデルチェンジしたモンスターたちは、戦いやすくて好きでした。そしてシーズン3での戦甲です。

一部からは無駄に堅すぎるとか不評みたいですが、ちゃんと考えて対処すれば抜け道があるように作られています。以前のように雑魚オーク相手に正面からカスタムスキルを連打してると、私のように背後から投擲をもらって5000オーバーのダメージをくらって石がひとつ減る事態になります。

キチンと回避して、疑似ターンバトルのように相手の隙をついて戦えば、無駄なスタミナ削りよりかはよっぽど楽しいですね。戦甲自体はこれまでの浸食や硬化のダメージカットと同じように堅いですが、それさえ破壊すれば、敵の体力は少なめなので楽ちんです。

以前は第二のHPゲージ(スタミナのことです)が、ベホマの如く何度も全快してましたからね……そりゃ1ダウンできないとダルくもなりますよ。1ダウンするために過剰に武器を作ったり強化したりと、プレイスタイルが限定されていたのが、一番つまらなかった理由かもしれませんね。

執筆を応援していただける方を募っています。

BTC

金額は0.001BTCから、ご自由に金額を設定いただけます

Personal Info

Donation Total: BTC 0.0010

スマホからのご寄付が上手くいかない場合」について追記致しました。詳細はコチラをご確認下さい

スポンサーリンク
レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大)