Amazon limited

センセイとパパ活(第5話)

視界の先は白い世界が広がっている。
それが天井だと気がつくまで、数秒のときを要した。

壁、カーテン、ベッドのパイプ、布団、シーツ。すべてが白で統一されている。
自分が思っていた以上に、「白」が気持ちを落ち着かせる色なんだと実感した。

すぐそばで、椅子に座ったまま、眠っているセンセイがいた。開かれた窓の外は暗く、生ぬるい風が入り込んできている。丸い月が神々しく光を放っていた。

「センセイ……」
思った以上に声がでない。かすれた小さな声になった。

「ん……気がついたか」
ハッとしてセンセイが起きる。自分でも届いたか自信がなかったけど、センセイの耳にはちゃんと届いているようで安心した。

「いまって」
私がそう言うと、センセイはすぐに腕にはめている時計に目を落とした。

「深夜2時だ。ずいぶん寝てたな」
体育が2限目だったから、12時間以上は寝ていたことになる。

「傷は深くない。体力が落ちてるから安静にする必要はあるが、心配するな」
「うん、わかった」
そう答えただけで、どっと疲れがのし掛かる。意識が朦朧としていく。

「ただ、な……」
センセイはなにやら切り出しにくそうだ。
「いいよ。言って。私は大丈夫だから」

「そうか? それじゃ、順を追って説明するぞ」
センセイが話し出した内容はこうだった。

まず、モリカナに関しては、私の希望どおり「事故だった」ということを説明してくれたらしい。モリカナ本人にも口裏を合わせるように言ってあるらしく、あとは私が状況を説明すればいいだけとのことだった。

なんとなく、センセイにウソをつかせてしまったことへの罪悪感が募る。
しかし、あれは私も悪い。彼女の方法が正しいとは言わないけど、もっと早く、私がセンセイに好意を抱いていると伝えればよかったのだ。たぶん。

それを、「ライバルってことはない」と彼女に断言してしまった故に、モリカナは必要以上に、高くから突き落とされてしまった気持ちになったんじゃないかと思った。

あの子が日常的に刃傷沙汰を起こすなら別だけど、今回のことは発作的だったということを信じて、私の胸に納める形で済ませたかった。

もちろん、そうすることで私にもメリットがある。

もし私がここで、感情的になって彼女を責めると、彼女は動機を説明しなければならなくなる。それは私とセンセイのことが、世に露見してしまうことを意味する。私やセンセイは自業自得だとしても、アヤちゃんに迷惑をかけることだけはしたくなかった。

彼女はただ、日々を一生懸命に生きている。
お菓子も我慢して、真面目に毎日を過ごしているだけなのだ。

そんな彼女を、父親が懲戒処分を受けたなどという現実に巻き込みたくなかった。
100%何の罪もない少女が被害が被るなんて、絶対に嫌だ。
それこそ、私のすべてを犠牲にしてでも止めなければいけないと思っていた。

「本当にこれでよかったのか?」
センセイが私の手を握りながら言った。

「もちろん。私なりに色々考えてんだよ」
「ああ。だから、おまえの気持ち的にってことだ」

モリカナは過ちを犯した。だから社会のルールに従って制裁を受けるべきなんだろう。だけど、この国は、一度レールを踏み外した者に冷たいようにできている。一度でも踏み外してしまえば、真っ当に生きるためのハードルが何段階もあがる。

ここで彼女に傷害の罪を被せてしまえば、もしかするとモリカナは将来、新たな「私のお母さん」になるかもしれない。心に傷を負ったまま、生まれてくる子供に接して欲しくなかった。

「わかった。それで、もう1点あるんだが」
なんとなく普通ではないことはわかっていた。

いまこの場にいるのが、保護者であるお母さんではなく、いち教師であるセンセイだということが、ある意味物語っている気がしたのだ。

「おまえの手術中に」
「うん」

「虐待の痕が見つかってな」
「……」

「それも太ももの一カ所だけじゃなくって、背中や腹にも」
何も言えなくなった。

「お母さんは、児童虐待で事情聴取された」
「そっか」

「それでな」
まだ終わりではないらしい。一番恐るべきことを想像してしまった。

「取り調べをすすめていくうちに、お母さんの言動に不審な点があったらしい」
本当にあの人は、迷惑ばかりかけてくれる。

「精密検査の結果」
娘が刺されて入院してるってときに、何やってんだか。

「薬物の反応がみつかった」
とりあえず、瞳を閉じて深呼吸をした。なんて返すのが最適かを考える。いつもみたいにおどけた感じがいいのか、神妙な顔つきで力なく答えるか、それとも何も返さない方がいいのか。

「おまえ、知ってたんじゃないのか?」
思わず大きく反応してしまった。

「告げ口したりしないから、言ってみろ」
私は、力なく首を縦に振った。

「そうか」
耳がキーンとなって、ただでさえ朦朧としている意識がさらに遠のく。これからのことを考えると不安だったり、うんざりしたり、悲しかったり、いろいろ考えてしまう。

「どうして言わなかった?」
「言わなかった?」
「あ……すまん」

「誰に何を言えるっていうのよ。そんなこと。何やっても私の環境が変わるわけだし、せっかく幸せだったのに、それも失っちゃう。お母さんが真人間に戻るのはもうあきらめてた。これからもあの人を背負って生きていくんだろうなってことは、ぼんやりわかってた。だけど、私は私なんだよ。あの人の娘だけど、私なんだよ。なんであの人に振り回されて一生終えなくちゃいけないの? 母親って、そこまで子供を縛りつける権限があるの? 子供だって好きで生まれてきたわけじゃない。好きであの人の子供として生まれてきたわけじゃない。そんな中でやっと、幸せだなって思い始めてた頃に、またあの人が原因で……もう疲れちゃった」

涙は出なかった。
代わりに、途方もない脱力感に駆られていた。

いまベッドを降りて、自分の足で立てるとは思えなかった。
それぐらい全身に力が入らなかった。

執筆を応援していただける方を募っています。

BTC

金額は0.001BTCから、ご自由に金額を設定いただけます

Personal Info

Donation Total: BTC 0.0010

スマホからのご寄付が上手くいかない場合」について追記致しました。詳細はコチラをご確認下さい

スポンサーリンク
レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大)