Amazon limited

センセイとパパ活(第3話)

モリカナがあそこまでとは、正直、思ってなかった。

せいぜい、引っ込み思案なところがあって、人と接するのが苦手で奥手でシャイで、だけど「話してみれば普通の良い子だった」ぐらいを想像してたのが甘かった。

いじめを肯定する気はない。

だけど、犯罪者が社会から鼻つまみになるようなもので、社会のルールという枠から出ちゃうと、周囲から敬遠されるのは自然なことのように思えた。誰だって、いつミサイルを発射するかわからない国と、仲良くなんてしたくない。

いじめられる側にも理由がある、っていうヤツなのかな。それでもいじめる側が真っ当な人間とは到底思えないけど。

「お姉ちゃん!」
どっぷり思考の渦に浸かっていた私を呼ぶ声。聞き慣れた少女の声がした方へ目を向ける。
「ごめんね、アヤちゃん。待たせた?」

ショートカットの右上に赤いさくらんぼがついた髪飾り。薄いピンクのラインが入った白いシャツ、デニムのスカートに赤いスニーカーのこの子がセンセイの愛娘、笹岡彩である。

アヤちゃんが走り寄ってきた。私のお腹ぐらいの高さに頭がある彼女は、パッチリとした瞳で見上げて、
「ううん、大丈夫。それよりお父さんにお金もらってきた?」
しっかり者らしく、まずそこの確認に入る。暑い中走ったせいで彼女は汗をかいていた。

「いや、学校では受け取れないからさ。とりあえず、私が立て替えるって話に」
「ふーん。そっかあ。ま、下手したら捕まっちゃうもんね、お父さん」

「だなあ。ほれ」
私はハンカチを取り出してアヤちゃんに渡す。
「汗、拭いときな」

「ふふ。ありがと! あー、お姉ちゃんのニオイがするう」
汗を拭きながらハンカチを鼻元に当ててそう言った。

「ごめん、クサかった?」
「ぜーんぜん。オトナのオンナのニオイ」

「うあ、どこでそんな言葉覚えんの」
「テレビとか?」

ま、別にオトナでもないんだけど。私たちはこうやって週に2、3度は晩ご飯の買い物を一緒にするようになっていた。

お互いに家族とのふれ合いが欠如していたからか、こうしているのがむちゃくちゃ楽しくて、アヤちゃんも嬉しそうで、とにかく幸せだった。

妹欲しかったなあ、と考えるぐらいに。

でもすぐに、あの母親の元で一緒に生活するとどうなるかを想像する。そしてまだ見ぬ妹が可哀想になってきたので、考えを振り払うことにした。
「今日、なににしよっか?」

アヤちゃんも料理ができるので、基本的にはふたりでやっていた。メインで作業する担当を、毎日交代にしているぐらいだ。

家には子供用の調理器具なども揃っていて、かなり本格的に見えた。そんな中で育ったアヤちゃんの手際も良く、私は雑用にまわることもすくなくない。

そんなに難しい料理はまだできないみたいだけど、それでも日々食べていく分には不足がないようだった。ますます「私の子守は意味あんのかな」と思う。
ちなみに今日の担当は私だ。

「あ、このまえ食べたアレ」
「アレじゃわからんぞ」
「えっとね、なんだっけ。鍋料理? スープみたいなの」

「なんだろ。そんなの作ったっけ」
「えーっと、お肉とか野菜とか入ってて、スープみたいな」
「それもう聞いたって。なんか新しい情報ください」

「うーっと、あ、そうだ。フランス料理の」
そこまで聞いて思い当たった。
「ポトフ?」

「それ! お父さんも美味しかったって」
「まあ、あの日飲んで帰ってきてたから、ちょうどよかったのかもね」

切って煮込むだけの手軽にできる料理なので、私も自宅でよく作って食べていた。もっとも、それがポトフと呼ばれるモノに似ていることを知ったのは、つい最近の話。ついでにいうと、本格的なものに比べて、味付けは大雑把なものだった。

センセイの家で料理を勉強していくうちに、どうすればもっと美味しくなるかがわかった。その実験台となったのが笹岡親子だ。実験は成功だったようで、褒め言葉をいただいたのが心の底から嬉しい。

「チーズも買っていこう」
「チーズ?」
私の提案にアヤちゃんは首をかしげて聞いた。

「うん。こないだのもスープとか余ってたでしょ? あれにチーズとご飯入れてリゾットにすると、また美味しいみたい」
「へえ。勉強になります!」

そうやってスーパーの店内を歩き回る。
「あ、お菓子買っとく?」
「んー、いいや」

「なんで? あんまり食べてるとこ見ないよね」
「うん、ちょっとね」
アヤちゃんは視線を反らすように違うところを見た。

「好きじゃないの?」
「そんなことない、けど……」
「ん」

チョコレートとかクッキーのお徳用パックを、適当にカゴへ入れる。
「あ、いいってば」
こっちを見ながら言うアヤちゃんは、困ったような顔だった。

「私が食べるの。ストックだよストック」
「あ、そっか……」

「でも、一緒に食べようね。あまってももったいないし」
「うん……ありがと!」
ニコっと笑顔になる。

「まあ、これは私のオゴりだから、お父さんになんか言われても気にしないで」
「うん。でもお父さん、何も言わないとおもう」
そうだね。あのセンセイは何も言わなそうだ。

私には、アヤちゃんが不憫で仕方なかった。
きっと、お菓子も好きなんだろう。でも、晩ご飯のお金で勝手に買って食べるのは、気が引けたりしてるんだと思う。
そういえば、彼女はやりくり上手だった。

私なら三日程度しか持たないであろう額で、一週間の食費をまかなう。それも無駄を一切省いた結果なのだろう。センセイとしても想定以上お金を請求してこないので、なくなるタイミングがわからないらしい。

今回予想より早くなくなったのは、私の分が含まれているからに違いない。なんだかさっそく足を引っ張ってる感がぬぐえなかった。
早いトコ別の形でお返ししなくちゃねぇ。

執筆を応援していただける方を募っています。

BTC

金額は0.001BTCから、ご自由に金額を設定いただけます

Personal Info

Donation Total: BTC 0.0010

スマホからのご寄付が上手くいかない場合」について追記致しました。詳細はコチラをご確認下さい

スポンサーリンク
レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大)