Amazon limited

センセイとパパ活(第4話)

授業中は上の空だった。
身の危険や明日をどう生きるかという問題が迫っている中、勉強どころではない。授業内容はまったく頭に入ってこず、何を教えられたのか記憶もない。

次の時間は体育。
こんな状況でも、センセイに会えるというのは嬉しかった。心の拠り所となっているのだろう。センセイと出会わなかったら、私はもう死んでいる。

「あっついねえ、プールって来月からだっけ」
隣の席に座るサキがそういってきた

「たしかそうだったかなあ。でも、去年より暑いよね、絶対」
「そうそう、思ったー。その辺、TPOをわきまえろってのー」

こんなに追い詰められていても、こうして平然を装うことができる。

こういった何でもない会話をしてるとき、特に何も考えずに話をしている。端から順番に点呼が始まって、「4」のつぎだから自分は「5」だ、なんて考えなくても答えられるぐらい、無意識にできることだった。

文字通り右から左へ流れるだけの生き方なんだろう。
「へっ? なんで?」
サキが私に目を向けて言った。私は急いで長ジャージを履ききる。彼女はさらにつづけて、

「暑くない? ありえないんだけど」
見れば彼女は、体操着の半袖短パンという出で立ち。対する私はスカートのまま長ジャージを身につけていた。

「なんかさ、急に女を意識し始めたっていうかさ。短パン恥ずくない?」
私の問いにサキは、
「いや、そっちの方が恥ずくない? みんな水着の中、自分だけ体操着着てるみたいなカンジ」
どうやらその感じ方はサキだけではなく、クラス中の注目となっていた。

そして。
「日村、おまえ暑くないのか?」
センセイまでもがそう言った。

「いや、ちょっとね。ま、気にしないで」
しばらくセンセイは訝しい表情をしている。だがすぐに、「時間がなくなるから」という理由で授業を始めた。

授業中は何事もなく進み、普通に終わった。相変わらず一部の女子が「女子に筋トレなんてさせるなって」とか「児童虐待、女性蔑視」だとか言っている。

いちいちイラつかせる考え方だ。筋トレさせるのが女性蔑視になると思っているらしい。ホントにうんざりする。

体育の時間が終わったときのこと。
「日村、ちょっと準備室にこい」

準備室とは体育準備室のことで、センセイのような体育教師が詰めている職員室みたいなものだった。体育で使われる道具も収納されていて、運動会とかで使う大がかりなものは隣の倉庫に保管されていた。

「ちょっと、なんで私だけー」
なんか手伝いでもさせられるのだろう。

「ユウカー頑張ってねー」
とサキに見送られて、ブツブツ文句を言いながら、センセイの後をついて行った。

準備室には他に二人の先生が詰めていた。センセイは隣の倉庫に私を呼ぶ。倉庫の扉を開いて私を先に入れたあと、後ろ手で引き戸を閉めた。

窓から入る光が、倉庫内の空気中に舞うホコリを照らしていた。私は思わず袖で口元を覆うようにする。
途端、バッと近寄ってきたセンセイは、私の足下にしゃがみ込んだ。

「えっ、センセイ、なに?」
長ジャージの両サイドを掴むようにして持ち、一気にずり下げる。
「わっ、きゃっ」

声を出しそうになる私を、センセイが口元に人差し指を立てて静止した。
昨日のことで火がついちゃって。
と思った私は、やはりまだまだ子供だった。

「やっぱりな」
センセイは私の太ももを注視して言った。
「えっ、あー……」

太ももには、大きなアザが残っている。長ジャージを履いたのはこれを隠すためだった。だけど、センセイと接している間は有頂天だったわけで。

「お母さんか?」
「……」
違うと言うべきだった。

だけど、オオゴトにしたくない、嘘をつきたくない、でもセンセイに気がついて欲しい、守って欲しい、という感情がごちゃごちゃに絡みあって言葉が出てこなかった。

「今朝か?」
私はセンセイに小さく頷いた。その拍子に、いつの間にか溜まっていた涙がこぼれ落ち、センセイの頬を濡らした。

「ごめんな。もっと早く対処するべきだった」
「いやだよお、離れたくない」

私はセンセイに抱きついて泣いていた。
センセイも私を抱きしめてくれていた。
隣には他の教師もいるのに。私たちは倉庫でキスをした。

「ちょっと待ってろ」
そう言って、センセイは倉庫から出て行った。私はその間に涙を拭いてなんとか通常モードに戻そうとする。

「日村、こっちに来い」
隣の部屋からセンセイにそう呼ばれる。おそるおそると準備室を覗いた。

「あれ? 他の先生は?」
「ちょっとの間、出て行ってもらった。生徒のプライバシーを守るためにな」

「あ、ああ。そっか。ありがと」
察した私は、借りてきた猫のように準備室に入る。センセイに促されるように椅子へと腰を掛けた。

「次の授業は出られないと言っておいたから、心配しなくていい」
「うん、わかった」
センセイは冷たいお茶を出してくれた。体育の後だったので身体中に染み渡る。

「なんか食うか?」
私が首を縦に振ると、高そうなチョコレートクッキーを箱ごと置いてくれる。
お腹が空いていた私は、1つ、また1つと袋をあけて食べ始めた。

執筆を応援していただける方を募っています。

BTC

金額は0.001BTCから、ご自由に金額を設定いただけます

Personal Info

Donation Total: BTC 0.0010

スマホからのご寄付が上手くいかない場合」について追記致しました。詳細はコチラをご確認下さい

スポンサーリンク
レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大)