Amazon limited

センセイとパパ活(第2話)

あれから私の生活はすこし変わった。

夜の繁華街を出歩く代わりに、学校が終わるとセンセイの家に寄る。そして家事をやったり、アヤちゃんの遊び相手になって留守番する。掃除や洗濯だけでは暇すぎて、ご飯を作るために料理本を読み込んだりもした。

甲斐あって、日に日にレパートリーが増えていった。お金よりも、アヤちゃんがご飯を食べて「美味しい」と笑ってくれるのが、今まで感じたことがないぐらいに嬉しかった。

時折センセイの家に、「職員」の人が尋ねてくる。なんの職員かは知らないけど、普通のおばさんで毎回同じ人だった。そして家のこととか、センセイのこととか、普段なにをして過ごしているとかを聞かれる。

センセイにクギを刺されていたのもあって、私は普通以上に「優等生」を演じることになった。空いた時間は勉強していることになったので、成績がどれくらい上がったかを見せなくてはいけない。空気を読んで勉強に力を入れることになった。

ある日、言葉の弾みで料理のシェフになりたいと口走ってしまった。それまで将来の夢なんて考えてなかったので、少なからずセンセイの家での経験も影響しているだろう。

おかげで、料理の勉強をするならこの学校が良いだとか提案をされる。どんどん進路まで決まっていく始末だ。職員側も会話のネタがなくなってきたのだろうと推測した。

なんだかベルトコンベア式の如く、自動的に自分の人生が見えてきた。ただ、これまで漠然と日々を過ごしていただけだったので、これはこれでなかなか悪くない気分だった。

そうして私は高校二年になった。

すっかり優等生と変貌した私は、クラス替えにちょっとホッとする。友人たちに「アンタどうしちゃったの?」なんて言われ始めて、やりにくくて仕方なかったからだ。

こうでもしないと、わたしゃ生きていけないんだよ。
そういえば、どういう運命の巡り合わせか、森加奈とも同じクラスになった。

そして一年のときは、クラスからはみ出る程度だった彼女の立ち位置が急転する。
新しいクラスが始動して間もない頃。私の席の右斜め前でそれは起こった。

「アンタさ、なんで私らと口聞かないの?」
「なーんか、バカにしてる感あるよね」

一年のとき別のクラスだったリカとマキコが、森加奈の席の前に立っていた。話しているというよりは、一方的に騒いでいると言った感じだった。

「わかるー。ほら、なんか言ってみなよ」
「マジぶっさー」

リカが透明な下敷きを、正面から森加奈の顔面に押し当てた。森加奈が嫌そうに顔を背ける。唾液が横線を描くように伸びて、下敷きについた。

「きたねー。どーしてくれんのよ?」
「べんしょーしろ、べんしょー」
「この下敷き、5万したんだけど?」

安易なカツアゲにイラッとした。お金の貴重さをわかっていない。5万あれば何ができるかをわかっていない。5万を稼ぐための労力や、捨てなければいけないプライドがどれくらいなのかをわかっていない。

中学のセンセイの顔を思い出し、彼女を守らなければいけない使命義務感に背中を押させる。同時に牙を剥かない性分が必死に抵抗する。

それらとは別に対立に慣れていない私の心は、どっくんどっくんと高鳴る。座っていても足が震えていた。森加奈はうつむいて机の上をじっと見つめ、頑なに何も発しようとはしない。

彼女はどうして何も言わないのだろうか。
そう考えたときハッとした。

どうして私はお母さんに、何も言わないのだろうか。

そっか。我慢してるんだね。この子も争いごとがイヤなんだ。できることなら、穏便に済ませて生きたいだけなんだ。

椅子から立ち上がった私は、ツカツカと森加奈の席の前まで歩いて行った。

「あのさ、そういうのダサいからやめたら?」
かなりチャラい感じのふたりだったので、ハッキリ言ってビビっていた。奇跡的に声が上ずらなかったのが救いだ。

「はあ? あんた、なんなの?」
リカがこっちを見てイラついた様子で答える。同時に教室がシンと静まりかえった。クラスメイトが取り巻くように見ているのがわかる。

語彙力の低さにイライラする。彼女たちの頭の中には定型文しか用意されていない。口はその中からどれかを選んで、アウトプットするだけのプリンタみたいなものだ。考える頭や言葉を組み合わせる能力を持っていない。

彼女たちの言葉は、言われた側に理解させることを強いる傲慢なものだった。

一般的な「女子高生」とやらは、悲しいことに彼女たちのような少女を指す。それ以外の女子高生は、不運にも彼女たちと「十把一絡げ」にされてしまうのが世の常だった。

私はそれが嫌で嫌で仕方なかった。

女でもなく、男でもなく、「女子高生」という性別で見られている気がしたからだ。

「いま、そんな話してないよね。私はダサいから、やめたら? って言ったの」
「マジ意味わかんねーし」

「なにが? なにがどうわからないの? 私の言葉のどこがわからないのか、ちゃんと説明してくんない?」
「うぜー、なんなのこいつ?」

マキコに同意を求めるように顔を背けた。マキコは「わかんない。頭オカシーんじゃない?」と言っている。

「どうして次々と関係ない言葉で繋ごうとするの? まずは私の質問に答えてくれない? なにがどうわからないの?」
「あーもういいや。マジシラけた。いこっ」

リカはそう言って首をすくめて両手を開く。二人は背中を向けて教室の扉へ歩いて行った。途中、ゴミ箱に下敷きを強くたたき込み、キッとこっちを睨む。鼻で笑うような表情を残して教室から去っていった。

「あの……ありがとう」
か細くて、消え入りそうな声で森加奈が言った。あまりにブツブツ言っているので、シンと静まりかえっていた教室の中ですら、聞き逃しそうだった。

「森ちゃんさ、もうちょっと言いたいことをハッキリ――」
そこまで言いかけてやめてしまった。あまりにも自分のことを棚に上げてる気がしたからだ。

「ん、やっぱいいや。ごめん、なんでもない」
「うん、わかってる。私がなにも言わないから、余計に面倒になってるってこと」

素っ気ない返事か、何も言わないかと予想していたのでちょっと驚いた。あの森加奈が自分の言葉で話しているからだ。

「じゃあ、どうして」
「なんか、怖くって……言いたいのに言えないの。ごめんなさい」

「いや、うん。まあ、気持ちはわかるよ」
しばらく沈黙が訪れる。あまり親しくない人に話しかけてみたものの、話題が尽きてしまったときの居心地の悪さ。そして、その雰囲気を崩したのは、またしても彼女の方だった。

「日村さんは、どうして助けてくれたの?」
色々と心に突き刺さる言葉だった。

何故だろう。中学のセンセイに言われたから? 自分とお母さんの関係にダブって見えたから? 単純にリカたちが許せなかったから? 森加奈の中に共通項を感じたから?

ただ、いずれにしても「森加奈が可哀想だったから」という答えにはならなかった。どっちかと言うと、ダブって見えた自分が可哀想だったからという気がする。

同時に、彼女のセリフはもっと深い意味があるように思えた。

執筆を応援していただける方を募っています。

BTC

金額は0.001BTCから、ご自由に金額を設定いただけます

Personal Info

Donation Total: BTC 0.0010

スマホからのご寄付が上手くいかない場合」について追記致しました。詳細はコチラをご確認下さい

スポンサーリンク
レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大)