Amazon limited

センセイとパパ活(第1話)

「ササオカ、マジありえなくない?」
クラスメイトの女子たちがコソコソと話しているのが聞こえた。このふたりはクラスこそ同じだけど、別の国というか、別の島というか、接点がない近所の人という感じ。

話し声は聞こえてくるけど聞こえないフリをして、私は走りつづけることにした。

私の高校では、毎年冬に全学年を対象にした、マラソン大会を行なう決まりだった。ふたりは体育の時間に割り当てられた、マラソンの練習に対して文句を言っていたのだ。

長時間走るという行為は非日常だと思う。

普通の女子高生は、こうした授業でもないとマラソンなんてしない。急に非日常を強いられて、不満をぶちまけたい気持ちはよくわかる。

でも私は、そうやって陰口を言うのが好きではなかった。
良い子ぶるとかじゃなくって、なんか情けない感じ。

「森! 遅れてるぞー」
体育教師である笹岡センセイの声が、グラウンドに響く。

大柄なセンセイの声は、グラウンドの端から端まで響くほど大きい。トラックを回っていた私は、必然的に気が引き締まる。

ちなみに、いま怒鳴られたのは私ではない。

森加奈は中学が同じで、一年と三年の二年間同じクラスだった。とはいっても、彼女は一年の後半からほとんど登校していなかったので、ほとんど一年間の付き合いだ。

性格も真逆なので仲が良いワケではない。しかし同じ中学出身は彼女と私だけなので、さっきのふたりよりかは幾分距離は近いと思う。

中学一年のとき、彼女はあまり喋ったりしない、暗いクラスメイトだった。ただ、それがよくなかったのだろう。

他の人は普通に会話をする。そして急速に輪を形成していった。そんな中で自分から行動しない彼女は、いずれの輪にも入ることができなかった。それが悪化した結果、彼女はからかわれる対象になり、やがていじめられる対象となった。

私はいじめに加わらなかったけど、彼女を助けることもできなかった。彼女がいじめられている様をみて笑うことはなかったけど、怒るわけでもなかった。

ただの傍観者だ。

そして森加奈は不登校となった。

これは後々につづく彼女の人生で、大きな汚点になるのではと思ったのは、私の進路が決まったときのことだ。

「森がおまえと同じ高校に行くことになったんだが」
という担任の言葉が、それまであまり意識してなかった森加奈のことを、深く考えさせるキッカケとなった。

ていうか、不登校の生徒と同じ高校って、どんだけ頭悪いんだ私。

私の三年間の成果と、彼女の一年ちょっと(?)ぐらいの成果がイコールらしい。劣等感というか悔しいというか情けないというか。私なりに頑張ってきたつもりなので余計だった。

「同じ中学のよしみってことで、仲良くしてやってくれないか?」
「んー、まあ別にいいんだけどね。あの子あんま喋らないから、私と仲良くしても、他の子と仲良くなれるかわかんないよ?」

そんなこんなで、森加奈と私は、同じ高校に通うことになった。
奇跡的に同じクラスになって、入学式から何度かアクションをかけてきたが、あんまり成果はない。

なんかゴメン。センセイ。

私たちはもうすぐ二年になる。クラス替えもするみたいなので、今度は別のクラスかもしれない。そうすっと仲良くなる機会がますますなくなるなあ、なんて言い訳を考えていたときだった。

「日村ー! ボサっとすんな」

笹岡センセイの照準が私に合った。背筋を伸ばす。ボブカットの髪をセンセイから見える方だけ掻き上げる。笑顔でセンセイに手を振ってみる。センセイは顎をしゃくって前を向くように促した。

笹岡センセイは大柄で強そうな見た目に反して、実は結構優しい。男女共にいやらしくない優しさと抱擁力を示す。そんな理由で普通の生徒には人気がある方だ。

しかしながらセンセイはバツイチの子持ちだ。そのことが一部の「自意識過剰女子軍団」から不人気の理由となっていた。つまり、さっきのふたりのような人たちだ。

なんか男として欠点があるからバツイチなんだろうとか、うがった物の見方なのだ。じゃあ、あんたたちはどんだけ立派なの? って私は思うので、彼女たちとは仲良くない。

離婚なんて男女間の問題なんだから、他の人がとやかくいうべきではない。文句を言って良いのはセンセイの一人娘のアヤちゃんぐらいであろう。

このアヤちゃんが、これまたよくできた娘さんなのだ。

近くの小学校に通う三年生のようだが、弁当を忘れたセンセイのために届けにきたことがあった。学校が終わってすぐ来たのだろう。道中を想像するだけで微笑ましい光景だ。

アヤちゃんの育ち方を見ていれば、センセイに大した問題はないように思えた。

そういった、センセイの人柄を目の当たりにしていた私は、離婚の原因は母親の方にあるんじゃないの? と思っていた。その考えがまた「自意識過剰女子軍団」との溝を深くさせる。

とはいってもトラブルが嫌いな私は、何事も穏便に済まそうとする傾向がある。表だって牙を剥いたりすることはあまりない。

表面上は大人しくしていたり、波風が立たないようにしたり、目立たないようにしたり、従っているフリをしたり、という生き方に長けていた。

森加奈のいじめ問題のときもそんな感じだったので、自分を景色と同化させるのは得意だと自負している。

本当に情けない話だ。
でもそれが私、日村優花なのである。

執筆を応援していただける方を募っています。

BTC

金額は0.001BTCから、ご自由に金額を設定いただけます

Personal Info

Donation Total: BTC 0.0010

スマホからのご寄付が上手くいかない場合」について追記致しました。詳細はコチラをご確認下さい

スポンサーリンク
レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大)