Amazon limited

営業の彼と品質管理の私

彼はウチの会社に訪れる営業の人でした。私より七つ年上で、真面目で清潔さがある人です。すこし優しくて思いやりに溢れ、知性を感じるところにも惹かれていました。

キッカケは、応接室で何度か応対している間にイイカンジになって、お互いの連絡先を交換してデートをする、という普通の流れです。会社に知られると仕事に悪い影響があるかもしれないので、お忍び恋愛でした。

自分の会社に対して、後ろめたい気持ちは多少ありました。しかし、それが恋心に火をつけているようで、いま思い返しても熱心な恋愛をしていたと思います。

私の会社はパソコンの部品をいくつか作っている会社で、それなりの需要があって株式上場しています。大企業とまではいかないものの、比較的安定している会社でした。

彼の会社以外にも営業に訪れる人は何人かいましたし、提携している会社も数社ありました。

ひっきりなしに営業マンが来社するために、営業の人同士で顔を合わせることもありましたし、何組か営業同士で仲が良さそうな人たちもいました。

私自身は応接担当ではなく、品質管理のリーダーです。しかし、あまりに来客が多いので応接に駆り出されることがよくありました。毎回彼の対応とはいきませんでしたが、営業の人と話す機会は多かったと思います。

実際、何人かに名刺や連絡先をいただくこともあり、お食事に誘われることもありました。ですが、仕事の一環ですので接客スマイルでかろうじて避ける、というようなことを繰り返す日々でした。

私の会社と彼の会社はよい関係を築けていました。彼の会社から仕入れているパーツは品質も高い方です。契約解除されることはないはずですし、そのパーツが使えなくなるとデメリットがあるというのが、品質管理の所感です。

「今度、うちの新製品をキミの会社で長期契約してもらえることになってね」

そんな話を彼から聞きました。私はどの会社のどのパーツを、どの製品で使用しているという情報も把握していたので、すぐに「あ、あのパーツだ」と思い当たりました。

確かにそのパーツは良いものでしたし、日々のレポートでも高評価を提出していました。彼の彼女としても、パーツが評価されたことを嬉しく思っていました。

そうして、私たちの関係がもうすぐ一年になろうとしていた、ある日のことです。

私の会社と彼の会社は、相変わらず有効な関係を築けていました。どちらかが欠けることは、よくない状態だと考えている人が多かったのでしょう。

しかし、そんな中でちょっとした変化が訪れました。

理由は彼の会社から提案された価格交渉です。一年間取引が続いた企業ですから、可能な限り譲歩すると考えていました。ですが、うちの重役はそれに対して苦い顔をしていたのです。

相手側からすると「一年も商品をつかっていたのですから、すこしはイロをつけてくれ」ということでしょう。相手も企業としてやっている以上、当然のことです。

彼の会社はまだ小さいので、多少の利益を与えないと潰れてしまいかねません。そういった背景はうちの会社でもわかっていることです。それにも関わらず、首を縦に振らないのでした。

私はそのことを上司に尋ねてみました。すると、元々、他社との相場競走の結果、彼の会社との提携を選んでいたらしいです。価格が上がることでメリットがなくなるというのが理由だったそうです。

私は経理に携わっていたわけではありませんので、金銭的な話は詳しくありません。しかし、良い製品をつかって良い製品をつくるのが一番という考えは、会社的にはよくないようでした。

「キミの会社との関係がよくなくなってきてね」

彼がそんな話をしました。言われるまでもなくわかっていたことです。しかし、プライベートと仕事は別だと考えていましたので、自分の会社の状態や情報を彼に伝えたことはありません。

仕事を持ち込むことで、ふたりの関係が壊れることがイヤだったからです。彼から何か聞かれても、答えられないということをハッキリ伝えようと思っていました。

なにより、会社の情報を目的として近づいてきたと思いたくなかったという気持ちもありました。

そう思っていた私に、彼はこう言いました。
「なんとか、キミからプッシュしてくれないかな?」

私も彼の仕事の話はそれなりに聞いてきましたし、他の営業マンの仕事の仕方も見てきたつもりです。

やらしい話、正面からぶつかる以外の方法もたくさんあるということも知っていました。しかし、それが自分の身に降りかかってくるとは思ってもみませんでした。

ですが、彼の要望は「うちの会社の情報を教えてくれ」ではなく、「推薦してくれ」です。

私に決定権があるわけではないので、彼の会社と取引をすることで得られるメリットを、理屈で説明すれば良いだけです。

幸い、彼の会社の商品は大きく貢献してくれています。提携先を変えることで発生するデメリットを伝えれば、それ自体は容易なことだと思いました。

私は彼にできる限りのことをやってみると約束し、次の日から書類をまとめ始めることにしました。

執筆を応援していただける方を募っています。

BTC

金額は0.001BTCから、ご自由に金額を設定いただけます

Personal Info

Donation Total: BTC 0.0010

スマホからのご寄付が上手くいかない場合」について追記致しました。詳細はコチラをご確認下さい

スポンサーリンク
レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大)