Amazon limited

ココロがコワれてしまった彼

私には幼稚園の頃から幼なじみの男の子がいました。私の住んでいた地域には同世代の女の子がすくなく、同じ学年となると彼と私のふたりだけしかいなかったのです。そんな理由から、ふたりで遊ぶことが多くなりました。

私は喘息持ちだったので、あまり過激な運動はできませんでした。それを知っていた彼は、遊びの内容も私に合わせてくれていました。遊ぶときはもっぱら私の趣味が中心となり、ママゴトや人形遊びなどをして過ごしていました。

走り回る遊びは避けてくれているようでしたし、ちょっとした移動でも気をつかってくれていました。お姫様扱いをされているようで嬉しかったのを覚えています。

そんな関係は、私たちが小学生になっても続きました。しかし、お互いに学校の友達ができたので、毎日一緒に遊んでいるわけではなくなりました。

学校の帰り道はほとんど一緒だったので、お互いに予定がないときは一緒に過ごすといった感じです。その頃はさすがに、ママゴトに付き合わせたりするわけにはいかなかったので、彼の家でゲームをしたりして過ごしました。

ある日、私が喘息をこじらせて学校を休んでいると、彼がプリントなどを持ってきてくれました。彼とはクラスが違うのですが、わざわざ私のクラスに通って受け取ってきてくれたようです。

そういった小さな心遣いをしてくれる彼が、私にとって大切な存在だとそのときから思っていました。

長くふたりで過ごしてきたせいか、私にとって彼は、異性の友達と姉弟の間のように思っていました。たぶん、彼氏彼女とかよりも一歩強い感情になっていたと思います。

私の言うことを大抵聞いてくれる彼は、とても居心地の良い相手だったのです。もちろん、なんでも言うことを聞いてくれるから良かったのではなく、彼の深い優しさが、私の心のスキマを埋めてくれるような感じでした。

ちょっと内向的だったけど、その分思いやりを強く感じることが多くありました。そんなところも私にとっては相性が良い相手だったのです。

しかし、そんな関係も終わりを告げるときがやってきました。
小学校3年の頃です。彼がいじめられているということを耳にしたのです。

私たちは違うクラスだったので、詳しくはわかりませんでした。ですが、いじめの内容は友達に聞いて知っていました。

なんでも、女子と仲良くしていることから、「女たらし」というあだ名を付けられ、男子から無視されたり、女子から「触れるとニンシン」すると言われて避けられたり、クラスの班分けで仲間はずれにされたり、よくある「菌」扱いされたりといったものです。

自分のせいで、彼がいじめられていることが許せなかった私は、何度か彼のクラスに乗り込もうとしました。

しかし、別のクラスの教室というものは、まったくのアウェイで、土足で他人の家に上がり込むような抵抗感がありました。消極的な私は、なかなか実行に移せないでいたのです。

そんなある日、下校途中で彼に会いました。

私は、いじめられていることを「先生に相談しよう」とか「いじめの中心人物に説明する」と提案しました。

彼は「ぼくと話さない方が良い」「いじめられるかもしれない」と答え、苦笑いで断ったのでした。

そのときの彼の苦笑いが、無理やり作った笑顔みたいで、痛々しかったのを私はずっと忘れることができないでいました。

私が彼に構うことで、余計にいじめられるかもしれない。私が彼と関係を断つことで、このいじめはそのうち風化するかもしれない。

そう思って、私は学校で彼に話しかけるのをやめることにしました。その分、学校が終わってから話をすれば良いと考えたのです。

その日から、学校が終わって彼の家へ通うことにしました。ですが、いつも彼が家に帰ってくるのが遅く、会うことはできませんでした。

なんとなく、避けられているんだろうとは思いました。しかし、実際に目の前で嫌いだと言われたわけでもないので、どこかで思い過ごしだと考えるようにしていたと思います。。

学校で彼を見かけることはなくなり、家に行っても彼と会うことはできなくなりました。学校行事でも彼を見かけることはありません。

どうも登校していないようだと知ったのは、学年があがってクラス替えをしたときのことです。

元々彼と同じクラスだった女子から、そういったことを聞いたのでした。私と彼が下校時に最後に会ってから、二年間も彼は学校に来ていなかったのです。

毎日彼の家に行ってみますが、彼のお母さんに謝られるばかりで、取り合ってはもらえません。

やがて中学にあがるとき、彼の家は引っ越ししていきました。

私の両親は知っていたようですが、私にはなにも知らされていなかったのです。突然訪れた別れに、ショックでしばらく寝込んでしまいました。

もう彼と私をつなぐものは、何もないのだと悟りました。

同時に、彼を大好きだったことを痛感したのです。彼との思い出がすり切れるぐらい頭の中を巡りつづけました。

ケンカしたこともありました。しかし、大抵私が一方的にすねているだけで、彼が怒ることはなかったのです。

もう届かない謝罪の念が、私の全身を暴れるように駆け回ります。苦しくて、涙が止まらなくて、疲れて寝るといった毎日でした。

ふたりで遊んだ場所、話した内容、笑ったり照れたりする表情、そのすべてを鮮明に思い出すことができました。

いま思えば、彼が内向的な性格になったのは私のせいかもしれません。

私が運動できないばかりに、彼の趣味が内向的になるように誘導してしまったところもあります。

その結果、彼の人生をめちゃくちゃにしてしまったのだという考えに至り、ひとりで悶々とした日々を送り、毎日後悔していました。

私は彼が好きでした。

だけど、そんなことはどうでもよくって、そんなことを今更伝える気はなくって、ただ彼の人生を邪魔したことを謝罪して、償いたいという思いだけが私の中に残り続けていました。

普通に好きな男子としてだったら、とっくに風化していたかもしれません。

他の人から見るとパッとしないかもしれませんが、それが私にとって今でも忘れられない、とても大切な初恋でした。

執筆を応援していただける方を募っています。

BTC

金額は0.001BTCから、ご自由に金額を設定いただけます

Personal Info

Donation Total: BTC 0.0010

スマホからのご寄付が上手くいかない場合」について追記致しました。詳細はコチラをご確認下さい

スポンサーリンク
レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大)